カマグラゴールド以外のバイアグラジェネリック薬

カマグラゴールドはインドの製薬会社が販売しているED治療薬です。 世界的に有名なバイアグラのジェネリックで、成分はバイアグラと同じく「シルデナフィル」です。 カマグラゴールドはバイアグラと比較すると種類の豊富さにあります。 バイアグラと同じく錠剤タイプの他にコップ1杯の水に溶かして飲むものや、ライチやグアバ、キャラメルやラズベリーなどの7種類のフルーツテイストが揃ったゼリー状などもあります。 口の中で溶かし噛んで服用することができるチュアブルタイプがあり、錠剤と比べると発泡剤タイプやゼリー、チュアブルタイプなどは味や飲み方が違いますが、体内に吸収されるスピードがやや異なるでしょう。 日本では錠剤が一般的で、世界的に有名なED医薬品のジェネリック医薬品において代名詞になっています。 青緑色の錠剤になっていて、「バイアグラのゾロ」と呼んでいる人もいます。 バイアグラの物質特許が満了したことによって、さまざまな種類のジェネリック医薬品がリリースされました。 長期保存試験や加速試験によって薬剤の安定性が証明されていて、厚労省から製造販売承認を得ているので安心して利用することが可能です。 カマグラゴールドを服用すると効果が出始めると共に顔のほてりや目の充血などの症状がほとんどの人に現れるでしょう。 これらの症状は服用した人の9割以上が付随するのでそれほど心配はありません。 反対に効果が発現したという合図として捉えることもできます。 バイアグラやカマグラゴールドなどは血管拡張作用があり、アルコールを摂取した時のような顔のほてりや目の充血などがどうしても出現してしまいます。 血管拡張が働くことによって血圧が2~3ぐらい下がるでしょう。 服用した後血圧がアップすると思っている人もいますが、反対に下がります。 ED治療薬は先発医薬品はもちろん後発医薬品にも顔のほてりなどがあるので、事前に説明書などを確認しておくと安全・安心です。 バイアグラのジェネリック薬はこんなにある! バイアグラのジェネリック医薬品にはいろいろな種類があり、例えばシログラやカベルタ、スハグラやシラグラ、ビゴラやペネグラ、ゼネグラなどがあります。 例えばシラグラはインドのムンバイにある製薬会社「シプラ」が開発したもので、アメリカ・ファイザー社のバイアグラのジェネリックです。 もともとバイアグラの特許が切れる前から発売されていてインド製のコピーになりますが、バイアグラの有効成分シルデナフィルクエン酸塩を配合しているのでバイアグラと同じ効果を発揮することができます。 特徴としてバイアグラと比較すると安価で購入することができ、世界中の人が利用しています。 インドでは医薬品特許に関係する取り締まりがそれほど厳しくないことが影響していて、バイアグラの開発元のファイザー社に特許として料金を支払わずに製造したり販売することができるからです。 値段に関して日本国内でバイアグラを購入しようとすると、1錠あたり1,200円~1,500円ぐらいで手に入ります。 インドでは1/5や1/10ぐらいの金額で購入することができ1錠あたり100円~300円といった非常に低価格で購入することができます。 但し、シラグラは日本国内での認可はまだ下りていない医薬品です。 直接インドに行って購入するか、インターネットを利用して個人輸入代行サイトで注文することができます。 尚、個人輸入代行サイトに関して偽物も出回っていることがあるので、信頼することができる店舗での購入をおすすめします。 他のジェネリック医薬品であるシログラやカベルタ、スハグラやビゴラ、ペネグラやゼネグラなどもインターネットを利用して個人輸入代行サイトから購入することが可能です。