Monthly Archive: 2018-August

ED治療薬の中でも長時間効くのが特長のシアリス

これまで日本では3種類のED治療薬が認可されていますが、シアリスは3番目にあたる2007年に認可されています。 そのため、これまでのED治療薬の弱点をことごとく克服し、勃起不全の治療に大きな効果が認められているED治療薬です。 とりわけ持続時間が長いこと、副作用の発生率が少なく食事の影響を受けにくいことで、多くの男性が愛用しています。 シアリスの有効成分はタダラフィルと呼ばれる物質であり、他のED治療薬と同様に、EDの原因であるPDE5という酵素の働きを阻害する作用があります。 PDE5の働きが阻害されることで、性的な刺激に対して陰茎部に血液が集中し、正常に勃起するようになりますが、陰茎部だけ血流を促すことは不可能ですから、身体全体の血流が促されます。 その結果、顔が紅潮するなどの火照りや頭痛、目の充血や下痢といった症状が出てきます。 これらはシアリスの代表的な副作用とされていますが、いずれも軽微なものである上、その発生率は約3割に留まっています。 他のED治療薬における副作用の発生率が7割程度ですから、シアリスの発生率がいかに低いかがわかります。 ただし、心臓疾患や糖尿病、脳梗塞などの既往歴がある場合や硝酸剤などの医薬品によって治療している場合はシアリスを服用できません。 副作用の発生率が低い理由は、シアリスの有効成分であるタダラフィルの分子構造にあります。 タダラフィルの分子構造は、他のED治療薬の有効成分と異なってブロック状であるため、ゆっくりと体内に浸透していきます。 つまり、タダラフィルは徐々に体に馴染んでいくことから、身体が過剰に反応することが少なく、ひいては副作用の現れにくさにもつながっています。 タダラフィルの分子構造の特性は、シアリスの血中濃度を長時間維持することにも役立っているため、最長で36時間もの持続時間が期待できます。 また、食事の影響も受けにくく、総エネルギー量が800kcal以内であれば食後にシアリスを服用しても効果に影響はありませんから、長時間ゆっくりとパートナーと過ごしたいという男性に適した医薬品です。 ウィークエンドピルの別名を持つほど、効果が持続 シアリスは有効成分であるタダラフィルの分子構造の特性から、日本で認可されているED治療薬の中では、最も持続時間が長いことで知られています。 なお、タダラフィルの強い血管拡張作用は、体質や体調によって効果が現れ過ぎてしまう恐れがあることから5mg、10mg、20mgの3種類が発売されており、2013年にはED治療薬におけるシェアを4割にまで伸ばしています。 シアリスの最大の特徴である持続時間は、タダラフィルの含有量によって異なりますが、20mg含まれているものであれば36時間は効果の継続が期待できます。 したがって、金曜日の夕方に服用すれば、月曜日の朝まで次のシアリスを服用する必要がありません。 ウィークエンドピルとも呼ばれており、週末や旅行など長時間パートナーと一緒に過ごす際であっても勃起不全を知られる心配はありません。 ただし、タダラフィルの効果を最大限に発揮させ効果を持続するには、用法・用量をしっかりと守ることが大切です。 とりわけ食事については、総カロリーが800kcalまでであれば効果を半減させることはありませんが、脂質分が多い料理は800kcal以内であっても効果が鈍ることがありますから、できる限り避けた方が無難です。 また、アルコールについては、適量であれば緊張感をほぐしリラックス効果がありますが、飲み過ぎると脳への伝達作用が鈍ってしまいます。 その結果、性的刺激に対する反応が鈍くなり、シアリスの有効成分は浸透しているものの勃起ないこともありますので注意が必要です。 つまり、シアリスを服用しても勃起しないという大半の人は暴飲暴食が原因である可能性が高いので、むやみに用量を増やすのではなく、服用方法を見直すことが大切です。

レビトラジェネリック薬の種類や違い

三大ED治療薬の一つと言われているレビトラは有効成分バルデナフィルの働きで、勃起を妨げる酵素5型ホスホジエステラーゼの働きを阻害する効果に優れています。 ED治療薬としての効果効能はこのジャンルで最も有名な治療薬とほとんどと変わらないとされています。 効き目のあらわれ方は同じでも有効成分の違いによって有名治療薬よりもいくぶん即効性があって、さらに効力も強いというメリットを有しているとも言われ近年非常に人気を高めている薬の一つです。 効果効能に確かな有効性を持つという評判を高めているレビトラは、ジェネリック医薬品もそれぞれ人気が高い薬です。 特にジマトラはレビトラと同じ有効成分のバルデナフィルの作用によって陰茎への血流を増加させることによってスムーズな勃起を促して、その状態を持続させることに優れた効果を発揮します。 水溶性のジマトラは即効性にも優れ、服用後わずか15分から30分ほどで効果があらわれる点でも高い支持を集めています。 食事内容に影響されにくく飲酒も少量であれば効き目に問題は出ないとされています。 ジマトラと同じくレビトラジェネリックのビリトラも、レビトラの有効成分バルデナフィルを主成分にしたED治療薬ということで水に溶けやすい性質を持っています。 即効性があることや持続性を持っていることで長続きする効果が重宝されており、食事や飲酒の影響も最小限に抑えられていることでED治療に役立ち、錠剤のサイズもかなり小さめであることも特徴の一つです。 バリフも人気の高いレビトラジェネリックの一つで、やはりレビトラ同様有効成分バルデナフィルの効果効能が最大限に生かされたED治療薬です。 水溶性で利用しやすく即効性があるというメリットもそのまま有しています。 いずれのレビトラジェネリックも食事やアルコールの影響を受けにくく効果効能は先発薬のレビトラとまったく同様の優れた作用が得られることから、どの種類も人気が高く、お得に購入できる通販ショップにも人気が集まっています。 ビリトラ、ジマトラ、バリフの違いとは? 三大ED治療薬として高い人気を誇るレビトラのジェネリック医薬品だけにジマトラやビリトラ、バリフといったレビトラジェネリックもそれぞれが熱い注目を集めており、多くの人に支持されています。 ジェネリック医薬品は先発薬と全く同じ有効成分を使って安価な後発医薬品として、先発薬を開発した製薬メーカー以外の会社がそれぞれの製法で自社の医薬品ということで製造販売しているため、効果効能そのものは先発薬レビトラと同様の薬です。 レビトラの有効成分バルデナフィルと同じ成分をメインにしていると言っても、ジェネリック医薬品は他のメーカーが自社製品としてつくり上げる過程で先発薬とは別の添加物を加えて錠剤にするなどの工夫を行っています。 ビリトラ・ジマトラ・バリフもバルデナフィルの有効性は先発薬レビトラと同様でも、添加物の違いで服用後に効果があらわれる時間に少々違いが出て来る可能性があります。 ジマトラはイギリスの製薬メーカーが製造販売しているジェネリック医薬品です。 ビリトラとバリフはインドの製薬メーカーが製造販売しているため、主成分はレビトラと同じでも添加物のタイプがかなり違っていることが考えられます。 ジェネリック医薬品は先発薬での特許が切れた有効成分を活用して安価な薬につくるため、添加物に加えられるでんぷんなどは地元で入手しやすい植物等の成分ということが考えられます。 しかし、何らかの食物アレルギーを持つ人は添加物の内容についても注意しておく必要があります。 医薬品はそれぞれの国の人の体質体調に合わせた治療に使うために開発されているケースもあります。 その点も考慮しておく必要があり、日本人の体質に合わせた治療に使われる薬を基準に選ぶほうが安全性が高いと考えられます。

バイアグラの次に販売されたED治療薬レビトラ

成人男性の相談しにくい悩みの一つにEDがあります。 中高年だけでなく若年層にも拡大しており適切な治療や対策が必要です。 サプリで治す方法もありますが時間がかかるため、最も効果が高いのは、ED治療薬を服用することです。 ED治療薬は薬局では販売されておらず、専門のクリニックへ行き医師の診察を受けて処方してもらう必要があります。 クリニックで処方してくれる主要な薬にはバイアグラとレビトラです。 最初に販売された治療薬はバイアグラです。 服用後1時間程度で効果が現れ、性的興奮があると陰茎の勃起をサポートしてくれます。 効果の持続時間は種類にもよりますが、大体4~5時間程度です。 バイアグラの次に販売された治療薬にレビトラがあります。 ドイツのバイエル社が開発した薬で、バイアグラと共に根強い人気を保っています。 有効成分であるバルデナフィルの作用により、EDの原因の酵素の働きが抑制されます。 バイアグラ同様性的興奮により勃起しやすくなります。 薬の種類はバルデナフィルの含有量が異なる10mgと20mgと2種類の製品が販売されています。 レビトラはバイアグラの後発治療薬ということで、バイアグラのデメリットを改善した非常に使いやすい特徴があります。 バイアグラのデメリットには、食事の影響を受けやすいことと、体内への吸収に時間がかかること等です。 レビトラは、これらの症状が改善されています。まず効果が現れるまでの時間ですが、最短で20分程度です。 早い理由はバルデナフィルが水に溶けやすい性質があるため、体内で素早く吸収され体全体に行き渡ります。 吸収されると血管が拡張し陰茎に血液が大量に流れることで勃起しやすい環境を整えてくれます。 持続時間も比較的長く、5~8時間も持続しますので、性行為を行うには充分な時間です。 このため性行為の最中に勃起不全になる心配がなく余裕をもって臨むことができます。体力があれば2回行うことも可能です。 レビトラのメリットは食事による影響が少ないこと レビトラのメリットを幾つか紹介しましたが、最も人気がある特徴は食事の影響が少ないところです。 バイアグラは食事の影響を受けやすいため、空腹時に服用する必要がありました。 レビトラも基本的には空腹時の服用が理想ですが、多少の食事なら食後に服用しても効果はそれ程変わりません。 服用する場合は、なるべくコッテリした高カロリーの食事は避けてヘルシーで低カロリーな食事を心掛けて下さい。 食事の影響を受けないことと即効性があるため非常に使いやすいです。 例えばパートナーと食事の後にセックスする予定でも自然な流れでセックスに持ち込むことができます。 食後に内緒で服用すれば、短時間で効果が現れますので雰囲気を壊す恐れがありません。 このようにレビトラは非常に使いやすい治療薬ですが、服用には幾つか注意点があります。 まずは副作用があることです。 短時間で血液の流れを強制的に良くするため、顔の火照りや頭痛めまいなどの副作用が現れる場合があります。 副作用が気になるなら、本番前にお試しで少量服用して確かめましょう。 副作用が気になるものでなければ少しずつ量を増やして更に確認しましょう。 レビトラの効果が切れると自然と副作用もなくなりますが、いつまでも痛みが和らがない場合は病院へ行って診察を受けて下さい。… Read more