シアリスジェネリック薬の種類や違い

海外では2002年に認可されたシアリスは日本では2007年に認可されており、長時間効果が持続することや食事の影響を受けにくいことが大きな反響を呼び、2013年にはED治療薬において4割のシェアを占めるまでに成長しました。 しかしながら、販売が開始されてからの年月が浅いため、日本国内をはじめ、アメリカなどの主要国では特許期間中であることからジェネリック品を製造・販売することはできません。 つまり、日本の病院やED専門クリニックでは、シアリスのジェネリック品を処方することはできません。 ただし、インドにおいては特許に対する考え方が異なり、成分と製造法に区別して特許期間が設けられています。 このうち、成分については特許期間が経過したとの認識から、シアリスと同じ成分ながら製法の異なる医薬品がシアリスジェネリック薬として販売されています。 したがって、ネット上で販売されているシアリスジェネリック薬は全てインド製であり、万一、インド以外の国のシアリスジェネリックが販売されていれば偽物の疑いがあります。 シアリスジェネリック薬の有効成分は、いずれもシアリスと同様にタダラフィルです。 タダラフィルは、生殖器抑制酵素の一つであるPDE5の分泌を阻害し、陰茎海綿体血管平滑筋の弛緩機能を促すことで、血流を増加させるとともに陰茎の勃起を誘発します。 また、タダラフィルは他のED治療薬の分子構造とは異なり、ブロック状となっていますから、体内への浸透速度は遅いものの一旦浸透してしまえば最長で36時間効果が持続します。 そのため、旅行や週末など、長時間パートナーと過ごす際にも、ED治療薬の服用を知られることがありません。 シアリスジェネリックは製法の異なる医薬品ですが、有効成分はタダラフィルとすることが定められていますから、製法は異なるが基本的な効果・効能はシアリスと同等となりますので安心して服用することができます。 ただし、最近では偽物も数多く出回っていますので、特に安価過ぎるシリアスジェネリック品は、EDを治療するどころか健康被害を引き起こす恐れもありますから購入を差し控えることが賢明です。 タダシップ、ジマリス、メガリスの違いとは? シアリスは男性のED治療薬として非常に人気の高い医薬品ですが、特許期間中であることから日本をはじめとする主要国では、ジェネリック品を製造・販売することはできません。 そのため、病院や専門クリニックにおいても処方されることはありませんから、日本国内で入手するためには個人輸入代行サイトを利用します。 医薬品の輸入について、薬事法においては個人利用に限り認めていますから、購入数に制限はありますが、個人輸入代行サイトを通じてシアリスジェネリック品を購入することは違法ではありません。 個人輸入代行サイトではシアリスジェネリック品であるタダシップ、ジマリス、メガリスが格安で販売されています。 これらの治療薬は特許に対する見解が異なるインドで製造・販売されたものです。 ジェネリック品において価格に大きな差はなく、それぞれ1錠あたり300円から500円程度です。 一方、シアリスは1錠あたり1500円から2000円が相場ですから、ジェネリック品が非常にリーズナブルであることがわかります。 ジェネリック品であるタダシップ、ジマリス、メガリスの有効成分もシアリス同様にタダラフィルであることから、どれを選んでも一定の効果が期待できます。 中でもメガリスには日本語の解説書が付属していることから非常に親しみやすく、3種類のシアリスジュネリック品の中でも高い人気を集めています。 さらに、ネット上の体験談においてもタダシップ、ジマリス、メガリスは男性のED治療に効果があったとする人が圧倒的に多く、3種類のシアリスジェネリック品の間で効果・効能に大きな差は見受けられませんでした。 したがって、タダシップ、ジマリス、メガリスに大きな違いはありませんが、製法が異なれば医薬品の効き方に個人差が出てきます。 ジェネリックを選ぶ際には3種類とも試してから、自分にとって最も効果が実感できたものを選ぶと良いでしょう。